[English]

FieldReconst - 3次元再構成ソフトウェア


FieldReconstは複数の画像から被写体の3次元形状を復元するソフトウェアです。
特にドローンから真下を連続的に撮影した画像を対象にしています。


動作環境


ダウンロードとインストール

下記よりFieldReconst.zipをダウンロード、任意の場所に展開すればインストール完了です。

使い方

展開したフォルダにはFieldReconst.exeという実行ファイルがあります。 JPG画像の入ったフォルダをFieldReconst.exeにドラッグアンドドロップすると開始します。 コンソール画面が起動したら、終了するまで待つだけです。 終了すると画像フォルダ内に作られたXXX_Georefフォルダにオルソ画像と3次元点群データが保存されます。

点群データはLAS形式で、フリーソフトCloudCompareで表示できます。
テスト用画像を用意しましたので、下記よりダウンロードして動作を確認してください。


テスト用画像


カメラパラメータとGCP

各画像データフォルダ内にはカメラパラメータファイル(.yaml)が含まれています。 焦点距離やカメラ行列、レンズ歪係数などの情報が入ったもので、 OpenCVのカメラキャリブレーションの方法に従って決定したものです。 このファイルが無くてもソフトウェアは動作し、一連の計算でこの情報を推定しますが処理時間がやや長くなり、また、最終的な3次元復元精度が悪くなることがあります。

画像データ1と4には地上参照点情報ファイル(.gcp)が含まれています。 このファイルには地上に設置したマーカ(GCP)の測位データが記録されており、 最終的にこのGCPと同一の座標系に変換された3次元点群が生成されます。画像中のマーカ位置は自動で検出されます。


ソフトウェアの構成

上記でダウンロードしたzipファイルには、6個のexeファイルが含まれています。 特徴点抽出(sifter.exe)、特徴点マッチング(matcher.exe)、バンドル調整(badjuster.exe)、 デンスステレオマッチング(sgbmer.exe)、ジオリファレンス(georefimager)の5つのプロセスを、 FieldReconst.exeから起動させています。

使用許諾その他

本ソフトはフリーウェアです。個人使用、業務使用に関わらず、ご自由にお使いください。また、複製、頒布して構いません。詳細は同梱のReadme.txtをご確認ください。

ソフトウェアは様々な環境で十分にテストしていますが、プログラムバグなどの不具合によってお使いのパソコンに問題が生じる可能性があります。それによる損害に対して保証は出来かねます。あらかじめご了承ください。


お問合せ:北海道農業研究センター