R-Tips 索引


セットアップ・参考文献
Windows版 R(2.2.1)のセットアップ方法   Mac OS X 版 R(2.1.0)のセットアップ方法
Linux  版 R(2.2.0)のセットアップ方法   参考文献・引用文献   謝辞

R の起動と終了
R の起動   R の終了

簡単な計算
簡単な計算(演算子と関数)  留意事項   以前に計算した式を再び呼び出す(履歴)
コメント                    コンソール画面の消去(Windows 版)

R 用エディタ
R 用エディタについて  R 用エディタの「保存」と「開く」  RStudio

オブジェクトと代入(付値)
オブジェクトと代入(付値)   大文字と小文字の区別

作業ディレクトリの変更
作業ディレクトリの変更

ヘルプを見る
ヘルプを見る  ヘルプ中の例

ヘルプを見る
パッケージ・ライブラリ  拡張パッケージのインストール

データの型
空 → NULL           欠損値・不定データ → NA,非数 → NaN,無限大 → Inf  複素数 → complex  
文字列 → character  論理値 → logical  日付 → Date

オブジェクトの表示
オブジェクトを表示する:print()  文字列を表示する:cat()  書式付きでオブジェクトを表示する:sprintf()
オブジェクトの内容を情報付きで表示する:str()             オブジェクトにコメントを残す:comment()
オブジェクトにコメントを残す:comment()

オプション
関数 options() 

ベクトルの作成
ベクトルとは  ベクトルの作成  ベクトルの長さ  規則性のあるベクトルの作成

ベクトル要素へのアクセス
ベクトルの中身  ベクトル要素へのアクセス

ベクトル計算
ベクトル同士の計算  ベクトル用の関数  ベクトルを用いた集合演算

ベクトル要素の置換・結合・挿入
ベクトルの要素の置換  ベクトルの要素の結合  ベクトルの要素の挿入

種々のベクトル
複素型ベクトル  論理型ベクトル  文字型ベクトル  順序つき因子ベクトルと順序無し因子ベクトル  日付型ベクトル

文字列を操作する
文字列ベクトルの結合  部分文字列の取り出し  文字列を R の命令として実行

NULL,NA,NaN,Infの操作
NULL,NA,NaN,Inf なのか否かを調べる  ベクトル要素にある NA の排除・置換
NULL の使い方の例










行列の作成
行列の作成  行列要素へのアクセス  行列の結合

行列計算
行列の計算    行列計算用関数の一覧  対称行列  連立方程式の解  固有値と固有ベクトル
行列の平方根  正方行列のべき乗

行列の操作
行列の大きさ  行列要素の補充・置換・抽出  行(列)に対する演算や操作  
行列をある行(列)に関してソートする      行列イメージを画像で表示

配列
配列の作成  配列要素へのアクセス

リスト
リストの作成  リスト要素へのアクセス

apply() ファミリー
apply() ファミリー  apply() と sweep()  lapply() と sapply()  tapply()  mapply()

データ型とデータ構造
データ型の変換とデータ構造の変換

names 属性と要素のラベル
names 属性と要素のラベル











関数事始
関数の使用方法  引数の省略  関数の定義を見る  複合式  自作の関数を定義する

演算子
比較演算子・比較演算関数  論理演算子  演算子一覧

条件分岐
条件分岐:if, else  条件分岐:switch  演算子 && ,||

繰り返し文
for による繰り返し  while による繰り返し  break を用いて繰り返し文から抜ける  repeat による繰り返し

関数の定義
新しい関数の定義          新しい演算子の定義  関数の返す値(返り値)  画面に返り値を表示しない
エラー・警告を表示        エラーが起きても作業を続行する              関数内での関数定義
関数についての情報を見る  関数終了時の処理

ローカル変数と永続代入<<-
ローカル変数と永続代入 <<- について

引数について
引数のチェックを行う  引数の省略  任意個の引数を受けとる  引数に関数を与える  引数のマッチングと選択

再帰呼び出し
再帰呼び出し

デバッグについて
cat() や print() を使うデバッグ  R に用意された関数を使うデバッグ

落穂ひろい
連番の変数を作成する  数値ベクトルの対話的入力:readline()  メニューによる選択:menu()





其の壱
数値演算誤差  丸めについて  ガンマ関数  ベッセル関数

其の弐
ニュートン法  多項式の解  関数の微分  数値積分  関数の最大化・最尤推定法  関数の最小化
数理計画法    高速フーリエ変換















データフレーム事始
データフレームとは  データフレームの作成例  データフレームの使用例 

ファイルからデータを読み込む
データフレームの作成(テキストファイルから)  read.table() のラッパークラス

EXCEL のデータを読み込む
csvファイルに保存する方法      EXCELのセルをコピー&ペーストする方法  xlsファイルを直接読み込む方法
ActivePerl のインストール方法  R 以外のソフトで作成されたデータファイルの読み込み

データへのアクセス方法
データへのアクセス方法  データをセル形式で閲覧・編集  他の型への変換

データの結合(マージ)と整列(ソート)
データの結合と整列に関する関数一覧  データの結合(マージ)  データの整列(ソート)

データの加工と抽出
データの加工と抽出に関する関数一覧  データの加工例

ファイルへのデータ出力
データフレームの出力  区切り文字を付けたデータの出力  出力したファイルを EXCEL で読み込む
データのtex・html命令への変換 

落穂ひろい
組み込みデータにアクセスする方法  attach() と detach()  欠損の扱い
サンプルデータの作成:関数 expand.grid()                関数 scan() について















作図の準備
作図の準備  作図関数について  作図デバイスについて  複数のデバイスドライバ
R で描いた図を Open Office の Draw で編集する(Windows 版の場合)

とりあえず plot()
とりあえずplot()  3 次元プロット  plot() の形式指定  対数軸や軸の範囲の指定  タイトルなどの指定
図の消去

図の重ね合わせ
図の重ね合わせ  点の色を条件に応じて変える

高水準作図関数
散布図:plot()  関数 dotchart()       関数 stripchart()    関数 sunflowerplot()  関数 curve()
関数 matplot()  ヒストグラム:hist()  棒グラフ:barplot()  円グラフ:pie()       箱ひげ図:boxplot()
分割表データの図示:fourfoldplot()    分割表データの図示:mosaicplot()           分割表データの図示:assocplot()
多変量データの図示:stars()           多変量データの図示:symbols()              多変量データの図示:pairs()
多変量データの図示:coplot()          3次元データの図示:image()                 3次元データの図示:persp()
3次元データの図示:contour()          3次元データの図示:scatterplot3d()

低水準作図関数
低水準作図関数一覧  図の消去  点の描画  折れ線の描画  直線の描画    線分と矢印  文字列の描画
枠を描く            タイトル,サブタイトルの追加      座標軸の描画  凡例の描画  多角形の描画
低水準作図関数による作図例

グラフィックスパラメータ(壱)
グラフィックスパラメータ事始  グラフィックスパラメータの永続的変更  関数 par() の使い方
グラフィックスパラメータ値の一時退避と復帰                          作図領域・余白・座標系
作図範囲に関するパラメータ    プロット領域(plot region)の大きさや位置を指定するパラメータ
作図領域(figure region)の大きさや位置を指定するパラメータ         余白に関するパラメータ

グラフィックスパラメータ(弐)
グラフィックスパラメータの一時的変更  プロットに用いられる色  プロットのマーカー
テキスト・フォントに関するパラメータ  線分の太さと形式        枠に関するパラメータ
軸に関するパラメータ                  RGBで色を指定( 引数 cm.colors )
使用可能な色の一覧                    ●色で12段階を指定

対話的作図関数
座標値の取得:locator()  点の情報の取得:identify()

複数の図
画面(デバイス)を分割して図を描く  layout()を用いた画面分割  split.screen()を用いた画面分割

数式の描画
数式の描画

パッケージ RGL
RGL事始  RGLデバイスに関する関数  RGLによる作図  RGLで描いた図の保存

パッケージ LATTICE
パッケージLATTICE  【参考】パッケージgrid









基本統計量の算出
基本統計量  度数分布表    標本分散と不偏分散,標本標準偏差と不偏標準偏差
分散共分散行列・相関行列  データの規準化

確率分布と乱数
確率分布と乱数に関する関数の使い方  Rに用意されている確率分布  乱数の再現:set.seed()
2 次元正規乱数                      3 変量正規乱数             3 変量 t 乱数
逆関数法による乱数の作り方          棄却法による乱数の作り方   周辺和を与えたランダムな 2 x 2 分割表
ランダム抽出・ブートストラップサンプリング

データの分布とヒストグラム・密度推定
データの分布  ヒストグラムによる密度推定(準備)  ヒストグラムによる密度推定  カーネルによる推定
二次元データの密度推定                            lowess() による平滑化

検定事始
検定の準備  検定例(1) : 一標本 t 検定  検定例(2):二標本 t 検定  検定結果の取り出し

正規性の検定
グラフによる正規分布との比較  正規性の検定

一標本検定
母平均の検定・一標本 t 検定  対応のある二標本検定  ウィルコクソンの符号付順位和検定

二標本検定
二標本 t 検定(分散が等しいと仮定)  二標本 t 検定(ウェルチの検定)
ウィルコクソンの順位和検定・マン・ホイットニーの U 検定  等分散性の検定:F 検定
【参考】分散の均一性の検定:バートレットの方法

カテゴリデータの検定
χ2 (カイ二乗) 検定  フィッシャーの直接確率検定  マクネマー検定  二群の比率の差の検定
符号検定と二項検定   カッパ係数                  

相関係数と無相関検定
相関係数と無相関検定

多群の検定
平均値±標準偏差のプロット  一元配置分散分析  クラスカル・ウォリス検定(対応の無い多群の差の検定)
多重比較                    フリードマン検定(対応がある多群の差の検定)

検出力の計算と例数設計
検出力の計算  例数設計

単回帰分析
単回帰分析・直線回帰  関数 lsfit() による最小二乗法

回帰分析と重回帰分析
回帰分析と重回帰分析  関数 lm() の書式と引数  モデル情報を取り出す関数  回帰分析の例
分析結果の取り出し

一般化線形モデル
一般化線形モデル

非線形回帰分析
非線形回帰分析

その他の分析方法の紹介
因子分析  正準相関分析  判別分析  主成分分析  クラスター分析  回帰ツリー(CART)  時系列解析
生存時間解析            ノンパラメトリック回帰

 


Powered by Google (since 06.02.22)