01.セットアップ・参考文献


注意(≒言い訳)

R は日々バージョンアップがなされています.以下はかなり古い情報となっていますので,最新版の R をインストールされる場合は,例えば

を参照して下さい.


のダウンロード ・ セットアップの方法

普通は,OS に限らず,

から実行ファイルをダウンロードします.

Windows版 R(2.2.1) のセットアップ方法

上記サイトから,Windows 版 R 2.2.1 用バイナリ R-2.2.1-win32.exe ( 2006/01/01 時点での最新版) をダウンロードします.次に R-2.2.1-win32.exe をダブルクリックし,インストーラーを起動します.

(1)

(2)

[OK] をクリックします

  [次へ>] をクリックします

 

(3)

(4)

「同意する(A)」 にチェックを
入れてから [次へ>] をクリックします

R をインストールするフォルダを選択してから
(通常はそのまま) [次へ>] をクリックします

 

(5) 注意!!!

(6)

[Message Translations] と
[Version for East Asian languages]
にチェックが入っていることを確認した後,
[次へ>] をクリックします 

[次へ>] をクリックします
(スタートメニューの登録名を決める画面です)

 

(7)

(8)

[次へ>] をクリックします
(デスクトップにアイコンを作成するか
否かを決める画面です)

インストールが開始されます

 

(9)

(10)

インストールが終了したら [完了] をクリックします

デスクトップやスタートメニューに出来た「R」 の
ショートカットをクリックすると R が起動します

 

Mac OS X 版 R(2.1.0) のセットアップ方法

R 2.1.1 〜 R 2.2.1 も以下で紹介する方法でインストールすることができます.R-2.1.0.dmg (Mac OS X 10.3 以降) または R-2.0.1.dmg (Mac OS X 10.2) を

からダウンロードします.次に をダブルクリックします.

(1)

(2)

インストーラーが起動します

 マウントされた R 2.1.0 mpkg をダブルクリックします

 

(3)

(4)

[続ける] をクリックします

[続ける] をクリックします

 

(5)

(6)

[Continue] をクリックします

「同意しますか?」と聞かれるので,
[Agree] をクリックします

 

(7)

(8)

[続ける] をクリックします
(インストール先を指定します)

[インストール]または[アップグレード]
というボタンをクリックします

 

(9)

(10)

インストールが終了したら [Finish] をクリックします

以上でセットアップは完了です

Linux版 R(2.2.0) のセットアップ方法

セットアップ方法については以下のサイトをご覧下さい.

一応,メモ書き程度の簡単なインストール方法を紹介します.

 Vine/Linux,RedHat/Linux ・・・ 環境への R のインストール

複数の方法がありますので,順に列挙します.

方法@ rpm ファイルの存在するディレクトリに移行して,以下の命令を実行します.

 
$ su
Password: (root のパスワードを入力)
# rpm -ivh R-2.2.0-0vl1.i386.rpm

方法A もし,sudo コマンドを実行することができる環境ならば,以下の命令を実行します.

 
$ sudo rpm -ivh R-2.2.0-0vl1.i386.rpm

方法B もし,CRAN の筑波大学ミラーから直接 R をインストールする場合は,以下の命令を実行します.

 
# rpm -ivh http://cran.md.tsukuba.ac.jp/bin/linux/vinelinux/3.2/i386/R-2.2.0-0vl1.i386.rpm

方法C 依存関係を考慮するため,apt コマンドでインストールする場合は,以下の命令を実行します.

 
# apt-get install http://cran.md.tsukuba.ac.jp/bin/linux/vinelinux/3.2/i386/R-2.2.0-0vl1.i386.rpm

方法D 日本語化された R を使用する場合は,まず rpm ファイルの存在するディレクトリに移動した後,以下の命令を実行します.

 
# rpm -ivh R-2.2.0-32vl3.i386.rpm

もし,ファイル「libg2c.so.0」が見つからないというエラーが出た場合は,Fortran の開発用パッケージ「gcc-g77」をインストールして下さい。

 
# apt-get install gcc-g77

 Debian GNU / Linux 環境への R のインストール

手順@ まず,su コマンドで root になります.

 
user@debian:/$ su
Password: (root のパスワードを入力)
debian:/# 

手順A 次に,apt のソース情報についての設定を行います.標準的な Debian のインストール環境では,/etc/apt/source.list にデフォルトで以下の数行(またはそれに準じた設定)が含まれています.もし以下の内容が含まれていない場合は追記下さい.

 
deb ftp://ftp.jp.debian.org/debian-jp stable-jp main contrib
deb ftp://ftp.jp.debian.org/debian-jp testing-jp main contrib
deb ftp://ftp.jp.debian.org/debian-jp unstable-jp main contrib

手順B Debian パッケージリスト更新するため,以下の命令を実行します.

 
debian:/#  apt-get update

手順C インストールを実行します.自動的に関連する基本パッケージが一緒にインストールされます.

 
debian:/#  apt-get install r-base

 


参考頁・引用頁

参考文献・引用文献

謝辞

これまで (12/08/15) にたくさんの時間,ビールとおつまみを消費しながら改訂に改訂を重ねまして,何とか満足のいく内容になったと悦に入っております.普段の仕事を忘れ,ビールとつまみを口に運びながら作業をするのは至福でさえありました.一つ云えることは,上記の書籍・ウェブ頁・掲示板が無ければ,この html を作成することは出来なかったということです.これらの書籍の執筆者の方々,ウェブ頁の管理人様,RjpWiki の投稿者の方々に深くお礼を申し上げます.

最後に,この html を管理して頂いている竹澤邦夫先生に心から感謝を申し上げます.