69. 検出力の計算と例数設計


検出力の計算

R には以下の検出力計算用の関数が用意されている.

関数

機能

power.t.test()

t 検定の検出力を計算する

power.anova.test()

一元配置分散分析検定の検出力を計算する

power.prop.test()

比率の検定に対する検出力を計算する

t 検定の検出力(power)計算と例数設計を行う場合は,例数と凵i想定した平均の差),標準偏差を指定すればその条件下での検出力が求まる.α(sig.level)や標本の種類( type=c("two.sample", "one.sample", "paired") ),両側か片側か( alternative=c("two.sided", "one.sided") )を指定することも出来る.

 
 power.t.test(n=100, delta=1.0, sd=2.5)
 
     Two-sample t test power calculation 
              n = 100
          delta = 1
             sd = 2.5
      sig.level = 0.05
          power = 0.8036466
    alternative = two.sided
 NOTE: n is number in *each* group 

例数設計

検出力(power)と凵i想定した平均の差),標準偏差を指定すれば,その条件下で検出力を満たすための必要例数(1群あたり)が算出される.

 
 power.t.test(power=0.9, delta=1.0, sd=2.5)
 
     Two-sample t test power calculation 
              n = 132.3106
          delta = 1
             sd = 2.5
      sig.level = 0.05
          power = 0.9
    alternative = two.sided
 NOTE: n is number in *each* group