名前

validatetopology_returntype — エラーメッセージと、エラーの場所を示す、id1とid2からなる複合型です。これはValidateTopologyが返す型です。

説明

エラーメッセージと2つの整数からなる複合型です。ValidateTopology関数は、このセットを返します。評価エラーを示し、id1とid2でエラーを含むトポロジオブジェクトの識別番号を示します。

  1. error(varchar): エラーのタイプを示します。

    現在のエラー記述: coincident nodes (訳注: ノード重複), edge crosses node (訳注: エッジとノードのクロス), edge not simple (訳注: 単純でないエッジ), edge end node geometry mis-match (訳注: 終了ノードジオメトリの不整合), edge start node geometry mismatch (訳注: 開始ノードジオメトリの不整合), face overlaps face (訳注: フェイス同士のオーバラップ), face within face (訳注: フェイス間の包含)

  2. id1(整数): エラーを持つエッジ/フェイス/ノードの識別番号を示します。

  3. id2(整数): 2オブジェクトでのエラーにおける2つめのエッジ/ノードの識別番号を示します。

関連情報

ValidateTopology