本文へスキップ
ようこそ、C4植物同好会(C Four Plants Party:CFPP)へ since 2002.5.12  メールでのお問い合わせはこちら

Welcome to "C4 Plants Party"

光合成のかたちは 大きく分けて3つあります。
その一つがC4光合成です。 C4光合成を行う植物をC4植物と言います。
イネ、ムギなど多くの植物はC3光合成を行い、サボテンなどはCAM型光合成を行います。
トウモロコシやサトウキビがC4光合成を行うC4植物の代表です。
野草の中にもメヒシバ、エノコログサ、コニシキソウなどC4植物はたくさんあります。
日本にはC4植物に関するページが ほとんどないみたいなので、
2002年5月20日に『C4 Photosynthesis』というタイトルで 作ってみたのが始まりです。

 現在、私は研究でなく、研究所の企画の仕事をしていますが、学位は、”C4植物の光合成の研究”で
取得しました。その時に知り得た知見をまとめるとともに自分用に現在の業績をまとめ、私自身がもっと様々な分野で活用できると考える”C4植物”についての情報を提供・交換するためのWebサイトを目指すことにしました。
引っ越しのたびにサーバー(アドレス)が変わってしまい、迷惑をおかけしましたので、
安定して公開できるよう、職場のサーバーに置いてもらうことしました。(2012.3.22)。
このページの名前がなかったので、CFPP(C4植物同好会)と名付けました(2012.4.13)

研究所の統合により、サーバーが変わりました(2016.6.1)。

新着情報


左の本の第7章に、C4植物と地球の気候変化について、かなりのページ数を割いて書いてあります。C4植物と火事が関係?C4植物が好きな方には、おすすめの本です、本サイト【C4出現】にも少し記載しました(2016.3.15)


先日、茨城県立博物館に行ってきました。企画展「モンゴル・ステップ大草原」には、日本にはないオカヒジキ属のヤマヒジキ、環境省絶滅危惧IB類(EN)で茨城県で絶滅したハマビシの標本が見れてよかったです。モンゴルのステップは日本の海岸に近い環境なのだなぁと思いました。ちなみに私たち(農環研)は、2016年10月8日から開催される外来生物の企画展に少しからんでおります(2016.9.15)

NEW!C4植物の種数などをSage(2016)にもとづいてアップデートしました(2019.2.18)。

Yasuyuki YOSHIMURA Ph.D

  1. 最近の業績
    所持する光合成関連本

連絡先

農研機構
農業環境変動研究センター
〒305-8604
茨城県つくば市観音台3-1-3